実は高給取りです

不況ではない時代、バブルの頃には公務員お給料が高いなんていったら多くの方が何を言っているのか?と笑ったかもしれません。しかし公務員の給料は高いのです。年収を見てみると地方公務員の平均年収は700万円くらいあります。民間企業でこの金額、年収を得るとなると、かなり上層部に行かないと手にすることが難しい額です。

上場企業のサラリーマンでも、平均年収は550万円程度、サラリーマン平均は440万円くらい、地方公務員の年収と比較すると、150万円もの差があるのです。

公務員というとメリットは安定でしょ?という方がいますが、この兵器年収を見て安定暗いでしょ?といえるでしょうか。安定以外にも、高給取りというメリットがあるのか!とびっくりしてしまう額です。

月収という面では、公務員も決して高くないのですが、なんといっても、どんなことがあろうと支給されるボーナスが年2回しっかりあるという点が、年収に大きな差をつけているのです。

年齢が上に行けばいくほどに、年収は自然と上がっていくのですし、ボーナスも上がっていきます。これ以上のメリットがあるかどうか、たしかにこうして考えてみると、公務員はメリットだらけ、現代に生きる学生は非常に頭がいいと感じます。