儲けなくていい

特に役場に行くと感じるのですが、きたないことをしなくてもいい仕事って本当にストレスがないだろうなと感じます。もちろん市民からのクレームに対応したり、観光面やそのほか、福祉の面など難しい問題を役場が抱えていて、職員も市民等に頭を下げることがあるのだろうということはわかります。

しかし民間企業はとにかく頭を下げることを知らないと、仕事できないという職業が多いのです。儲けるためにはよいしょもしますしゴマも擦ります。好きじゃないお酒の席に行って、ぐいぐい飲まされても、内心頭に来ることをいわれても、にっこりほほ笑んでお付き合いすることも必要です。

会社はストレスの塊状態だと考える人の方が多いでしょう。しかし公務員はこういったことが少ないでしょう。儲けるために必要なことは、公務員に必要ない事なのです。というのも、公務員は儲けるのではなく、税金によって給料が賄われています。税金から給料が出ているのですから、頑張って業績を上げる必要もなく、必死に営業することもないのです。

稼ぐ必要はなく、税金という安定した収入源があるのですから、設けるために無理に笑うこともしなくていいし、嫌な席に一緒に行くこともないのです。ストレスという面でも、公務員は民間企業よりずっと少ないのではないかと感じます。

1 2 3 4